Information

金融の分類
金融は、ざっと、主人と借用者の関係によって2つに分類することができます。
直接的な金融株絆間接的な金融銀行は、お金を借りましたそのうえ、それは以下の通りに等しく借用者の入手方法によって分類されます。
「直接金融」
・株式
・債券
「間接金融」
・銀行借入
などといったものがあります。
また、同じように調達方法でも分類することができます。
「自己資本」
・出資(株式など)
「他人資本」
・融資(銀行借入など)
・債券
そこで彼らが基金を寄付した側、金利、割当ての利益に関しては、代表的です。
これとともに、株のキャピタル・ゲインを含む派生的な利益があります。
そのうえ、金融を調停した人は、利ざやまたは料金を得ます。
そのうえ、これらの軸になるために資金融通とともに、株と絆(派生物のビジネス)があります。
そして、これは財政状態に含まれます。
生産するお金の全部の流れと呼びますによって、お金と政府と会社(個人)のような経済主な有権者を引き上げます。
そして、組織は広義に予算を分配します。
そして、それを使うことが金融であります。
したがって、政府、ビジネス会社の活動、個人の家計と連携した金融事業だけでなく金融も、金融商品です。
金融はそれをお金、「調達」、「投資」/「ローン」の3つの活動のに分けて捉えられています。